【残念】RICOH GRⅢを断念!

もっと手軽に撮りたいカメラとしてリコーのGRⅢをずっと考えていて、何度なとく量販店に行っては触って「いいなぁ」と思いながら価格コムで値段をにらめっこしてました。

 

そしてついに!!「買うの断念」となりました(笑)

 

とってもいいカメラだと思っているんですが、価格(一般的な実勢価格では11万円位)以外の要素で個人的に感じるRICOHという会社の方向性的なものが買うのをやめる理由になりました。どんな理由か。

価格面においては、職業柄「部材費」という視点でまずは見てしまうのですが、

 

・高級感のない外装(その分、軽量ですが)

単焦点レンズ=ズーム機構がないから簡単(レンズはその分いいかも)

・センサーは大きい方(APS-C)だけどフルサイズではない

 

要は「10万円オーバーの価格帯にしないといけない理由が部材費にはない」というのが自分の中で感じていた不満でしたが、それでも「いいカメラだから欲しいなぁ」とは思っていました。

でも後で知ってやっぱ買うのをやめようと思ったきっかけは「AC電源アダプター」がついていないことを知ったことです。

「AC電源アダプターなんてなくもいいでしょ?USB給電すれば」という方が直感的に多いと思うのですが、AC電源が付属していない不満ではなく、付けなかった理由に着目しました。

前段で述べましたが、部材費的に10万円する要素がなく、この上AC電源を付けなかった理由が「ユーザーの利便性を損なってまで利益率を高くする意図」なのでは?という気がして、GRⅢというより「RECOH製品」を買う気がなくなりました。

GRⅢを買った人の最大の不満は恐らく「バッテリーが持たない」ということだと思います。これを「軽量化のため」と感じる人はGRの愛好家さんだと思いますが、「予備バッテリーを買わせるためわざと容量を小さくしていたらどうでしょうか?AC電源も売値にしたら5千円程度ですが、これを付けずに高い価格のまま売るのが目的だったらという「ユーザーを犠牲にして原価低減に知恵を絞っているという印象を急にRICOHという会社に持ってしまいました。

*ちなみにソニーのビデオカメラも急速充電器を別途買わせるためかと思えるフル充電に8時間もかかるAC電源を標準に付けてたりします。

実は自分はRICOHの360度カメラ「THETA V」(現在5万円前後)を数年前に買っていたのですが、いつの間にかカメラのレンズ(厳密にはレンズカバー)に小さな傷がついてしまい、修理に出そうとネットで調べてたら驚愕の事実を知りました。それは「レンズカバーだけの交換はできず、全取っ替えになる」という点です。

「え?全取っ替え?」でお幾らかと言うと「販売価格の約半分」です。

レンズが地面に擦れないようにカメラを立てておくと倒れる不安があるので、横に倒して置くとそれだけでレンズのカバー面は地ベタに当たるような構造です。つまり傷がつきやすい製品の上、傷がついたら全取っ替えを強いる製品ってどういうこと?って、その時は訝しく思いながら、仕事で使うので泣く泣く払いました。

 

そんな歴史を既にRICOH製品で受けていたので、GRⅢにAC電源が付いていないと知った時、「これを付けなくてもGR好きは買う」というちょっと人を見くびったように感じてしまったので、急にGRⅢ熱が冷めて買うのをやめた次第です。

予備バッテリーを1個買うのが不便を感じない標準だとしたら本体価格+4,400円。さらに予備バッテリー用の充電器がないと2個同時充電できないので、それがさらに4,000円)。なのでGRⅢの本当のお値段は本体価格+約8,800円?。

自分もいい年なので「企業は利益を上げるのが目的だから」なんてわかった口は聞きません(笑)。別にRICOHさんの養分になるため製品を買うわけではないのです。

働き方改革より意識改革を望むところですが、でもGRⅢは欲しかったなぁ(笑)